[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [表紙] [目次] [索引] [検索] [上端 / 下端] [?]

61. Unix like tools (2005/09/23)

URL="http://www.bookshelf.jp/cgi-bin/goto.cgi?file=meadow&node=unix%20like%20tools"
"MeadowMemo/Unixliketools"へのコメント(無し)
検索全文Elisp


この章で紹介していること

Meadow と関連が強いものはそれぞれ関連のあるパッケージのところで説明しています.



[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [表紙] [目次] [索引] [検索] [上端 / 下端] [?]

61.1 CVS (2004/12/19)

URL="http://www.bookshelf.jp/cgi-bin/goto.cgi?file=meadow&node=cvs"
"MeadowMemo/CVS"へのコメント(無し)
検索全文Elisp
要約

CVSを使うとファイルのバージョン管理を行うことができる

何ができるのか?

CVS とは Concurrent Version System の略で, バージョン管理ソフトです.

例えば自分で何らかのソフトを作る時, 変更をしてうまく動かなかったので, 昨日の状態 に戻したいなどということはよくあります.そんな時に以前のバージョンに戻したりでき るように,ファイルを管理してくれるものがバージョン管理ソフトです.

また, 自分でソフトは作らなくても, Emacs のパッケージである apel, flim, semi, gnus など多くのものが CVS で管理されており,誰でも CVS を使うことでダウンロードで きます.

インストール方法

CVS は Cygwin のインストーラでインストールできます. インストールするものを選択す る時に, View ボタンを何回か押すとインストールするものを選択できるようになりますの で, CVS を選択してください.

インストールが終われば, c:/autoexec.bat に以下を追加しておきます. ただし, ディレ クトリは適当に変更してください.Windows 2000 や XP の場合には,マイコンピュータ を右クリックして環境変数を設定します.

 
set CVSROOT=:local:/cygdrive/d/home/CVSROOT

Windows を再起動したら, bash を起動し, cvs init と入力してください. エラーが出な ければ, インストールは完了です.

詳しい使い方

あとは, ソフトをダウンロードするなり, 自分のプログラムを管理するなり御自由に.

以下,メモ

CVS への登録

 
cd ~/mylisp/
cvs import -m 'memo' mylisp vendor-tag mylisp_1_10



[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [表紙] [目次] [索引] [検索] [上端 / 下端] [?]

61.2 WWW サーバ ― apache (2005/09/23)

URL="http://www.bookshelf.jp/cgi-bin/goto.cgi?file=meadow&node=apache"
"MeadowMemo/WWWサーバ―apache"へのコメント(無し)
検索全文Elisp
要約

ローカルで WWW サーバを使うことができる.設定が必要ですが, cgi も実行できますので, ローカルで cgi のテストを行うことができます.

インストール方法

http://www.apache.org/dist/httpd/binaries/win32/からダウンロード.

*no_src.msi を落としてきてインストール. 特に何の問題もなく完了.

http://127.0.0.1/ を開いて表示されれば完了.

設定は, conf/httpd.conf を編集して行います. 私はとりあえず動けばいいので, 以下の 部分だけ編集しました.

 
DocumentRoot "c:/home/"
ScriptAlias /cgi-bin/ "c:/home/WWW/cgi-bin/"

さらに, 以下を追加 (+ のついている行が追加した行です).

まずは, http://127.0.0.1/namazu/ でホームディレクトリ下のファイルを表示できるよう にする.

 
<IfModule mod_alias.c>

    #
    # Note that if you include a trailing / on fakename then the server will
    # require it to be present in the URL.  So "/icons" isn't aliased in this
    # example, only "/icons/".  If the fakename is slash-terminated, then the 
    # realname must also be slash terminated, and if the fakename omits the 
    # trailing slash, the realname must also omit it.
    #
+    Alias /namazu/ "c:/home/"
    Alias /icons/ "C:/Program Files/Apache Group/Apache/icons/"

    
+<Directory "c:/home/">
+    Options FollowSymLinks
+    AllowOverride None
+</Directory>

cgi-bin のディレクトリの移動のために, + の行を編集

 
+    ScriptAlias /cgi-bin/ "c:/home/WWW/cgi-bin/"

    #
    # "C:/Program Files/Apache Group/Apache/cgi-bin" should be changed to whatever your ScriptAliased
    # CGI directory exists, if you have that configured.
    #
+    <Directory "c:/home/WWW/cgi-bin/">
        AllowOverride None
        Options None
        Order allow,deny
        Allow from all
    </Directory>

これで, リスタートすれば完了.



[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [表紙] [目次] [索引] [検索] [上端 / 下端] [?]

61.3 画像処理ソフト ― Gimp (2005/09/23)

URL="http://www.bookshelf.jp/cgi-bin/goto.cgi?file=meadow&node=gimp"
"MeadowMemo/画像処理ソフト―Gimp"へのコメント(無し)
検索全文Elisp

http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se190877.html からダウンロード.後は 簡単.インストーラに従うのみ.日本語ですので,簡単です.

最近の, Unix ソフトは簡単ですね.

画像の加工を簡単に行うことができるようになります.



[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [表紙] [目次] [索引] [検索] [上端 / 下端] [?]

61.4 PostScript ファイルの表示 ― Ghostscript (2004/12/19)

URL="http://www.bookshelf.jp/cgi-bin/goto.cgi?file=meadow&node=ghostscript"
"MeadowMemo/PostScriptファイルの表示―Ghostscript"へのコメント(無し)
検索全文Elisp

http://auemath.aichi-edu.ac.jp/~khotta/ghost/ を参考にインストール.

これも特に困りそうなことはなく, 順調に進むはず.

最近は TeX を使っていないので, 利用頻度は低下してますが, たまに PostScript プリン タを用いて印刷結果をファイルに保存するようにし, 拡張子を ps に変更. で, これで見 て jpg に変換などということをやってます. あとは余分なところを削ると.

画面を拡大してスクリーンショットと合わせて, よく利用する苦肉の策です.



[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [表紙] [目次] [索引] [検索] [上端 / 下端] [?]

61.5 メールを HTML へ変換 ― MHonArc (2004/12/19)

URL="http://www.bookshelf.jp/cgi-bin/goto.cgi?file=meadow&node=mhonarc"
"MeadowMemo/メールをHTMLへ変換―MHonArc"へのコメント(無し)
検索全文Elisp

http://www.mhonarc.org/

メールを HTML に変換してくれるものです. そのままで日本語やスレッドにも対応してお り, ブラウザでメールを読むことができるようになります. namazu を導入すると, 検索し てそのままブラウザで綺麗に読めるので, 非常に便利です. ただし, 日本語の添付ファイ ルはうまく表示できないことがあります. これはファイル名に日本語をつけることや不正 な方法で送ってくることが悪いんですが. . .

インストールは,ダウンロードして解凍後,

perl install.me

でインストール完了. デフォルトで問題なければ, 設定もそのままRETを押してい くだけでできます. そのままで日本語も使えます.

後は設定するために,設定ファイルを適当なところへ置きます. 以下, サンプルです. こ れを例えば ~/mhonarc.rc として保存します.

 
<DECODEHEADS>
<MIMEARGS>
text/plain:default=iso-2022-jp
</MIMEARGS>
<CHARSETCONVERTERS>
piso-2022-jp;    iso_2022_jp::str2html;  iso2022jp.pl
</CHARSETCONVERTERS>
<NOMAILTO>

<IdxPgBegin>
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML//EN">
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>$SUBJECTNA$</TITLE>
<LINK REV="made" HREF="mailto:$FROMADDR$">
<style type="text/css"><!--
  body {
        color: #ffffff;
        background-color: #282828;
}
a:link {
        color: #99ffcc;
}

a:hover {
        text-decoration: none;
        background-color: #005347;
}

a:visited {
        color: #00a58c;
}

  strong.keyword { color: Pink; }
  p.example      { text-indent: 1em; 
                   color: SkyBlue;
                   font-weight: bold;
                   font-family: monospace; }
  code           { color: SkyBlue;
                   font-family: monospace; }
  code.example   { color: SkyBlue;
                   font-weight: bold;
                   font-family: monospace; }
  code.operator  { color: SkyBlue;
                   font-family: monospace; 
                   font-weight: bold; }
--></style>
</HEAD>
<BODY>
</IdxPgBegin>

<TidxPgBegin>
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML//EN">
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>$SUBJECTNA$</TITLE>
<LINK REV="made" HREF="mailto:$FROMADDR$">
<style type="text/css"><!--
  body {
        color: #ffffff;
        background-color: #282828;
}
a:link {
        color: #99ffcc;
}

a:hover {
        text-decoration: none;
        background-color: #005347;
}

a:visited {
        color: #00a58c;
}

  strong.keyword { color: Pink; }
  p.example      { text-indent: 1em; 
                   color: SkyBlue;
                   font-weight: bold;
                   font-family: monospace; }
  code           { color: SkyBlue;
                   font-family: monospace; }
  code.example   { color: SkyBlue;
                   font-weight: bold;
                   font-family: monospace; }
  code.operator  { color: SkyBlue;
                   font-family: monospace; 
                   font-weight: bold; }
--></style>
</HEAD>
<BODY>
</TidxPgBegin>

<MsgPgBegin>
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML//EN">
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>$SUBJECTNA$</TITLE>
<LINK REV="made" HREF="mailto:$FROMADDR$">
<style type="text/css"><!--
  body {
        color: #ffffff;
        background-color: #282828;
}
a:link {
        color: #99ffcc;
}

a:hover {
        text-decoration: none;
        background-color: #005347;
}

a:visited {
        color: #00a58c;
}

  strong.keyword { color: Pink; }
  p.example      { text-indent: 1em; 
                   color: SkyBlue;
                   font-weight: bold;
                   font-family: monospace; }
  code           { color: SkyBlue;
                   font-family: monospace; }
  code.example   { color: SkyBlue;
                   font-weight: bold;
                   font-family: monospace; }
  code.operator  { color: SkyBlue;
                   font-family: monospace; 
                   font-weight: bold; }
--></style>
</HEAD>
<BODY>
</MsgPgBegin>

<MULTIPG>
<!-- 複数ページの index を作成 (1 ページ 50 件) -->
<IdxSize>
50
</IdxSize>

<!-- index ファイル名を index.html に -->
<IdxFname>
index.html
</IdxFname>

<!-- 前ページ, 次ページ定義 -->
<PrevPgLink chop>
[<a href="$PG (PREV)$">Prev Page</a>]
</PrevPgLink>
<NextPgLink chop>
[<a href="$PG (NEXT)$">Next Page</a>]
</NextPgLink>

<MSGHEAD>
[<a href="http://127.0.0.1/www-mail/index.html">Dir index</a>]/[<a href="http://127.0.0.1/www/index.html">Top</a>]
</MSGHEAD>

<THEAD>
[<a href="$IDXFNAME$">Main Index</a>][<a href="http://127.0.0.1/www-mail/index.html">Dir index</a>]
[<a href="http://127.0.0.1/www/index.html">Top</a>]<br><hr>
$PGLINK (TPREV)$$PGLINK (TNEXT)$
<hr>
<ul>
</THEAD>

<ListBegin>
[<a href="$TIDXFNAME$">Thread Index</a>][<a href="http://127.0.0.1/www-mail/index.html">Dir index</a>]
[<a href="http://127.0.0.1/www/index.html">Top</a>]<br><hr>
<ul>
</ListBegin>

さらに, create-mhonarc.sh を作成します. 最初の方のディレクトリは適当に変更のこと.

ここまで, できれば後は簡単. このスクリプトを実行すれば, 指定したディレクトリ下の ファイルを検索して, HTML ファイルを作成してくれます. 結構, 時間がかかるので, 気 長に待ちましょう.

サブディレクトリは HTML にしたくないという時には,

MAILFILES=`cd $MAILDIR;find * -type d -print`

MAILFILES=`cd $MAILDIR;find * -type d -prune -print`

に変えてください

WEBDIR で指定したディレクトリが存在しないとエラーになりますので, あらかじめ作っ ておいてください.

 
#! /bin/bash
DENYMAILFILES="test"
WEBDIR=c:/home/www/mail/shimbun
MAILDIR=c:/News/mail
RCFILE=c:/home/mhonarc.rc
MAILFILES=`cd $MAILDIR;find * -type d -print`

filter () {
  LIST="$@"
  for delin $DENYMAILFILES; do
    NEWLIST=`echo $LIST|sed -e 's/'"$del"'//'`
  done
  echo $NEWLIST
}

if [ $# = 1 ]; then
  TARGET=$1
else
  TARGET=`filter $MAILFILES`
fi

for fin $TARGET; do
  if [ ! -d $MAILDIR/$f ]; then
    echo "Cannot found $MAILDIR/$f"
    exit 1
  fi
  if [ ! -d $WEBDIR/$f ]; then
    mkdir $WEBDIR/$f
      mhonarc \
      -rcfile $RCFILE \
      -definevars="TARGET=$f" \
      -outdir $WEBDIR/$f \
      $MAILDIR/$f
  else
      mhonarc -add \
      -rcfile $RCFILE \
      -definevars="TARGET=$f" \
      -outdir $WEBDIR/$f \
      $MAILDIR/$f
  fi
  echo  $f
done



[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [表紙] [目次] [索引] [検索] [上端 / 下端] [?]

61.6 オブジェクト指向スクリプト言語 − Ruby (2004/12/19)

URL="http://www.bookshelf.jp/cgi-bin/goto.cgi?file=meadow&node=ruby"
"MeadowMemo/オブジェクト指向スクリプト言語−Ruby"へのコメント(無し)
検索全文Elisp

現在では Cygwin に含まれていますので,インストーラを起動し,Ruby をインストール するように選択するだけです.

bash で ruby -v として,

ruby 1.6.8 (2002-11-09) [i386-cygwin]

のような出力がでれば大丈夫でしょう。


[ << ] [ >> ]           [表紙] [目次] [索引] [検索] [上端 / 下端] [?]