[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [表紙] [目次] [索引] [検索] [上端 / 下端] [?]

6. スタートアップファイル

URL="http://www.bookshelf.jp/cgi-bin/goto.cgi?file=wget-ja&node=Startup+File"
"wget/スタートアップファイル"へのコメント(無し)
検索全文Elisp

コマンドライン引数でWgetのデフォルト設定を変更する方法を知ると,これら の設定を永久的に行いたいと思うかもしれません.Wgetスタートアップファイ ル--- `.wgetrc'---を作成するという便利な方法でそうすることが可能 です.

さらに,`.wgetrc'は"主な"初期化ファイルとなっていて,強固なパス ワードに対する特別な能力があるので便利です.このためWgetは, `$HOME/.netrc'がある場合は,その内容を読み込み解釈します. `.netrc'書式はシステムのマニュアルで見つかります.

Wgetは,限定されたコマンド群を認識し,スタートアップ時に`.wgetrc' を読みます.



[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [表紙] [目次] [索引] [検索] [上端 / 下端] [?]

6.1 Wgetrcの場所

URL="http://www.bookshelf.jp/cgi-bin/goto.cgi?file=wget-ja&node=Wgetrc+Location"
"wget/Wgetrcの場所"へのコメント(無し)
検索全文Elisp

初期化時,Wgetはデフォルトで`/usr/local/etc/wgetrc'(または,Wget がそこにインストールされていない場合,`/usr/local'ではない接頭辞) にあるglobalなスタートアップファイルを探し,存在する場合はそれか らコマンドを読み込みます.

それから,ユーザファイルを探します.環境変数WGETRCが設定されて いる場合,そのファイルをロードしようとします.失敗した場合,それ以上何 もしません.

WGETRCが設定されていない場合,Wgetは`$HOME/.wgetrc'をロー ドしようとします.

ユーザ設定がシステム全体のものの後にロードされるということは,ユーザの wgetrcと衝突した場合,システム全体のwgetrc(デフォルトで `/usr/local/etc/wgetrc')に優先するということを意味します. 全体主義の管理者は不在です!



[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [表紙] [目次] [索引] [検索] [上端 / 下端] [?]

6.2 Wgetrcの構文

URL="http://www.bookshelf.jp/cgi-bin/goto.cgi?file=wget-ja&node=Wgetrc+Syntax"
"wget/Wgetrcの構文"へのコメント(無し)
検索全文Elisp

wgetrcコマンドの構文は単純です.

 
variable = value

変数(variable)コマンド(command)とも呼ばれます.有効な 値(value)はコマンドによって異なります.

コマンドは大文字小文字とアンダースコアを識別しません.このため, `DIr__PrefiX'は`dirprefix'と同じです.`#'で始まる行と空 白のみ含む行は,空行として捨てられます.

カンマで分けられたリストを期待するコマンドは,空のコマンドでリストをク リアします.そのため,全体的な`wgetrc'で指定された拒絶するリスト をリセットしたい場合,以下のようにして行うことができます.

 
reject =



[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [表紙] [目次] [索引] [検索] [上端 / 下端] [?]

6.3 Wgetrcコマンド

URL="http://www.bookshelf.jp/cgi-bin/goto.cgi?file=wget-ja&node=Wgetrc+Commands"
"wget/Wgetrcコマンド"へのコメント(無し)
検索全文Elisp

コマンドの完全な組合わせは,以下にリストアップされています.正当な値は, `='以下にリストアップされています.単純な真偽値は,`on'と `off',または`1'と`0'で,設定または解除ができます.場合 によっては利用可能な,変った種類の真偽値はlockable Booleanで,そ れは,`on',`off',`always',または`never'に設定可 能です.オプションが`always'や`never'に設定されている場合, Wgetの呼び出しの間中,値は固定されます---コマンドラインオプションは優 先されません.

コマンドには,擬似的に任意の値をとるものもあります.address値は ホスト名やドットで分けられたIPアドレスが可能です.nはあらゆる正 の整数や,該当する場合は無限に対する`inf'が利用可能です. string値は,空ではないあらゆる文字列が可能です.

これらのほとんどのコマンドは,コマンドラインと同じですが (see 節 2. 呼び出し),時代遅れのものや滅多に使用されないものもあります.

accept/reject = string
`-A'/`-R' (see 節 4.2 ファイルの形式)と同じです.

add_hostdir = on/off
ホストが前置されたファイル名を利用可/不可にします.`-nH'はそれを 不可にします.

continue = on/off
オンに設定した場合,前から存在している部分的に回収されたファイルに強制 的につなげます.それを設定する前に`-c'を参照して下さい.

background = on/off
バックグランドへの移行を可/不可にします---`-b'(利用可にする)と同 じです.

backup_converted = on/off
前もって接尾子`.orig'に変換されているファイルの保存を利用可能/不 可能にします---(可能にする)`-K'と同じです.

base = string
URL入力ファイル内の相対的なURLが,stringに相対的な HTMLとして解釈させることを強制されていると考えます---`-B'と 同じです.

bind_address = address
addressをbindし,それは`--bind-address'オプションに似ていま す.

cache = on/off
オフに設定するとき,サーバキャッシュを不可にします.`-C'オプショ ンを参照してください.

convert links = on/off
相対的でないリンクをローカルに変換します.それは`-k'と同じです.

cookies = on/off
オフに設定するときクッキーは利用できません.`--cookies'オプション を参照してください.

load_cookies = file
fileからクッキーをロードします.`--load-cookies'オプション を参照してください.

save_cookies = file
fileにクッキーを保存します.`--save-cookies'オプションを参 照してください.

connect_timeout = n
接続のタイムアウトを設定します---`--connect-timeout'と同じです.

cut_dirs = n
n個のリモートディレクトリコンポーネントを無視します.

debug = on/off
デバッグモードで,それは`-d'と同じです.

delete_after = on/off
ダウンロード後削除します---`--delete-after'と同じです.

dir_prefix = string
ディレクトリツリーのトップです---`-P'と同じです.

dirstruct = on/off
ディレクトリ構造のオン/オフを切替えます---それぞれ`-x'や `-nd'と同じです.

dns_cache = on/off
DNSのキャッシュのオン/オフを切替えます.DNSのキャッシュはデフォルトで オンで,このオプションは通常オフにするために使用します. `--dns-cache'と同じです.

dns_timeout = n
DNSのタイムアウトを設定します.`--dns-timeout'と同じです.

domains = string
`-D' (see 節 4.1 ホストをまたぐ)と同じです.

dot_bytes = n
回収中に見ている1ドットが"含む"バイト数(デフォルトで1024)を指定しま す.値に`k'や`m'を後置することが可能で,それぞれキロバイトと メガバイトの代替となります.ドットの設定では,必要に応じてドットの回収 を適応させたり,前もって定義されたstylesを使用することも可能です (see 節 2.5 ダウンロードオプション).

dots_in_line = n
回収中にそれぞれの行に出力するドットの数(デフォルトで50)を指定します.

dot_spacing = n
1クラスタのドットの数(デフォルトで10)を指定します.

exclude_directories = string
ダウンロードから除外したいディレクトリのカンマで分けられたリストを指定 します---`-X' (see 節 4.3 ディレクトリベースの制限)と同じです.

exclude_domains = string
`--exclude-domains' (see 節 4.1 ホストをまたぐ)と同じです.

follow_ftp = on/off
HTMLドキュメントからFTPリンクをたどります--- `--follow-ftp'と同じです.

follow_tags = string
再帰的な回収時に特定のHTMLタグのみたどり,それは `--follow-tags'に似ています.

force_html = on/off
オンに設定された場合,入力ファイル名がHTMLドキュメントと同じと見 なすことを強制します---`-F'と同じです.

ftp_proxy = string
環境変数で指定されたものの代わりに,stringをFTPプロキシとし て使用します.

glob = on/off
globをオン/オフします---`-g'と同じです.

header = string
`--header'のように,追加ヘッダを定義します.

html_extension = on/off
`.html'拡張子を,それが無い`text/html'ファイルや `application/xhtml+xml'ファイルに追加し,それは`-E'に似てい ます.

http_passwd = string
HTTPパスワードを設定します.

http_proxy = string
環境変数で指定されたものの代わりに,stringをHTTPプロキシと して使用します.

http_user = string
HTTPユーザをstringに設定します.

ignore_length = on/off
オンに設定した場合,Content-Lengthヘッダを無視します. `--ignore-length'と同じです.

ignore_tags = string
再帰的な回収時に特定のHTMLタグを無視し,それは`-G' / `--ignore-tags'に似ています.

include_directories = string
ダウンロード時にだどりたい,カンマで分けられたディレクトリのリストを指 定します---`-I'と同じです.

input = string
`-i'のように,stringからURLを読み込みます.

kill_longer = on/off
content-lengthヘッダで指定されているより長いデータを無効だと考えます (そして所得を試みます).デフォルトの動作はそこにあるデータと同じだけ保 存し,つまりContent-Lengthの値より大きいまたは同じであると規定 されます.

limit_rate = rate
ダウンロードの速度をrateバイト毎秒以下に設定します. `--limit-rate'と同じです.

logfile = string
ログファイルを設定します---`-o'と同じです.

login = string
FTPに対するリモートマシンでのユーザ名です.デフォルトは `anonymous'です.

mirror = on/off
ミラーリングをオン/オフします.`-m'と同じです.

netrc = on/off
netrcの読み込みをオン/オフします.

noclobber = on/off
`-nc'と同じです.

no_parent = on/off
ディレクトリ階層外部への回収を禁止し,それは`--no-parent' (see 節 4.3 ディレクトリベースの制限)に似ています.

no_proxy = string
環境変数で指定したものの代わりに,プロキシの負荷を避けるため, stringを,カンマで分けられたドメインのリストとして使用します.

output_document = string
出力ファイル名を設定します---`-O'と同じです.

page_requisites = on/off
単一のHTMLページを正しく表示するのに必要な補助的なドキュメントを すべてダウンロードします---`-p'と同じです.

passive_ftp = on/off/always/never
パッシブFTPに設定します---`--passive-ftp'と同じです.いくつ かのスクリプトと`.pm' (Perlモジュール)ファイルは,`wget --passive-ftp'を使用しているファイルをダウンロードします.ファイアウォー ルがこれを許可しない場合,コマンドラインを優先するため `passive_ftp = never'を指定できます.

passwd = string
FTPパスワードをpasswordに設定します.設定していない場合パス ワードのデフォルトは`username@hostname.domainname'です.

post_data = string
すべてのHTTPリクエストに対する手法としてPOSTを使用し,リクエストの本体 にstringを送ります.`--post-data'と同じです.

post_file = file
すべてのHTTPリクエストに対する手法としてPOSTを使用し,リクエストの本体 にfileの内容を送ります.`--post-file'と同じです.

progress = string
進行状況の表紙の形式を設定します.正当な形式は,"dot(ドット)"と "bar(バー)"です.

proxy_user = string
`--proxy-user'のように,プロキシ認証のユーザ名をstringに設 定します.

proxy_passwd = string
`--proxy-passwd'のように,プロキシ認証のパスワードをstring に設定します.

referer = string
HTTP `Referer:'ヘッダを`--referer'のように設定します.(それ は,間違った"referrer"の綴りを知っていた人が,HTTPスペックを書 いた人々だということに注意してください.)

quiet = on/off
静かなモードです---`-q'と同じです.

quota = quota
ダウンロードのクォータを指定し,それは全体的な`wgetrc'に置くと便 利です.ダウンロードクォータが指定された場合,Wgetは,ダウンロードの合 計がクォータより大きくなった後で回収を停止します.クォータはバイト(デ フォルト),キロバイト(`k'の追加),またはメガバイト(`m'の追加) で指定できます.このため,`quota = 5m'はクォータを5メガバイトに設 定します.ユーザのスタートアップファイルがシステム設定に優先することに 注意してください.

read_timeout = n
読み込み(と書き込み)のライムアウトを設定します.`--read-timeout' と同じです.

reclevel = n
再帰の階層です---`-l'と同じです.

recursive = on/off
再帰をオン/オフします---それは`-r'と同じです.

relative_only = on/off
相対リンクのみをたどります---`-L' (see 節 4.4 相対的なリンク)と同じ です.

remove_listing = on/off
オンに設定したとき,WgetがダウンロードしたFTPのリストを削除します. オフに設定することは,`-nr'と同じです.

restrict_file_names = unix/windows
URLからWgetが生成するファイル名を制限します.詳細な記述は `--restrict-file-names'を参照してください.

retr_symlinks = on/off
オンに設定したとき,シンボリックリンクをプレーンファイルであるかのよう に回収します.`--retr-symlinks'と同じです.

robots = on/off
Wgetが遵守するロボット拒否の慣習を指定し,"on(オン)"がデフォルトです. この切替えは,`/robots.txt'と`nofollow'で指定されたものを制 御します.これに関する詳細はSee 節 9.1 ロボットの排除. これを停止する前 に,自分が行っていることが分かっているか確かめてください.

server_response = on/off
HTTPとFTPサーバのレスポンスの出力を行うかどうか選択します--- `-S'と同じです.

span_hosts = on/off
`-H'と同じです.

strict_comments = on/off
`--strict-comments'と同じです.

timeout = n
タイムアウトの値を設定します---`-T'と同じです.

timestamping = on/off
タイムスタンプのオン/オフを切替えます.`-N' (see 節 5. タイムスタンプ) と同じです.

tries = n
URLごとの再挑戦回数を設定します---`-t'と同じです.

use_proxy = on/off
プロキシサポートのオン/オフを切替えます.`-Y'と同じです.

verbose = on/off
冗長出力のオン/オフを切替えます---`-v'/`-nv'と同じです.

wait = n
回収の間でn秒待ちます---`-w'と同じです.

waitretry = n
回収の失敗での再試行のみで,n秒まで待ちます--- `--waitretry' と同じです.これはデフォルトで,大域的な `wgetrc'で開始されることに注意してください.

randomwait = on/off
要求間のランダムな待ち時間をオンまたはオフにします. `--random-wait' と同じです.



[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [表紙] [目次] [索引] [検索] [上端 / 下端] [?]

6.4 Wgetrcの見本

URL="http://www.bookshelf.jp/cgi-bin/goto.cgi?file=wget-ja&node=Sample+Wgetrc"
"wget/Wgetrcの見本"へのコメント(無し)
検索全文Elisp

以下は,配布物で与えられる初期化ファイルの例です.それは二つの部分に分 けられます---一つは全体的な使用で(全体的なスタートアップファイルに適し ています),もう一つはローカルで使用するもの(`$HOME/.wgetrc'に適し ています)です.変更には注意してください.

ほとんど全ての行がコメントアウトされていることに注意してください.効果 を得たいあらゆる行に対し,行の前に前置された`#'を削除する必要があ ります.

 
###
### Sample Wget initialization file .wgetrc
###

## You can use this file to change the default behaviour of wget or to
## avoid having to type many many command-line options. This file does
## not contain a comprehensive list of commands -- look at the manual
## to find out what you can put into this file.
## 
## Wget initialization file can reside in /usr/local/etc/wgetrc
## (global, for all users) or $HOME/.wgetrc (for a single user).
##
## To use the settings in this file, you will have to uncomment them,
## as well as change them, in most cases, as the values on the
## commented-out lines are the default values (e.g. "off").


##
## Global settings (useful for setting up in /usr/local/etc/wgetrc).
## Think well before you change them, since they may reduce wget's
## functionality, and make it behave contrary to the documentation:
##

# You can set retrieve quota for beginners by specifying a value
# optionally followed by 'K' (kilobytes) or 'M' (megabytes).  The
# default quota is unlimited.
#quota = inf

# You can lower (or raise) the default number of retries when
# downloading a file (default is 20).
#tries = 20

# Lowering the maximum depth of the recursive retrieval is handy to
# prevent newbies from going too "deep" when they unwittingly start
# the recursive retrieval.  The default is 5.
#reclevel = 5

# Many sites are behind firewalls that do not allow initiation of
# connections from the outside.  On these sites you have to use the
# `passive' feature of FTP.  If you are behind such a firewall, you
# can turn this on to make Wget use passive FTP by default.
#passive_ftp = off

# The "wait" command below makes Wget wait between every connection.
# If, instead, you want Wget to wait only between retries of failed
# downloads, set waitretry to maximum number of seconds to wait (Wget
# will use "linear backoff", waiting 1 second after the first failure
# on a file, 2 seconds after the second failure, etc. up to this max).
waitretry = 10


##
## Local settings (for a user to set in his $HOME/.wgetrc).  It is
## *highly* undesirable to put these settings in the global file, since
## they are potentially dangerous to "normal" users.
##
## Even when setting up your own ~/.wgetrc, you should know what you
## are doing before doing so.
##

# Set this to on to use timestamping by default:
#timestamping = off

# It is a good idea to make Wget send your email address in a `From:'
# header with your request (so that server administrators can contact
# you in case of errors).  Wget does *not* send `From:' by default.
#header = From: Your Name <username@site.domain>

# You can set up other headers, like Accept-Language.  Accept-Language
# is *not* sent by default.
#header = Accept-Language: en

# You can set the default proxies for Wget to use for http and ftp.
# They will override the value in the environment.
#http_proxy = http://proxy.yoyodyne.com:18023/
#ftp_proxy = http://proxy.yoyodyne.com:18023/

# If you do not want to use proxy at all, set this to off.
#use_proxy = on

# You can customize the retrieval outlook.  Valid options are default,
# binary, mega and micro.
#dot_style = default

# Setting this to off makes Wget not download /robots.txt.  Be sure to
# know *exactly* what /robots.txt is and how it is used before changing
# the default!
#robots = on

# It can be useful to make Wget wait between connections.  Set this to
# the number of seconds you want Wget to wait.
#wait = 0

# You can force creating directory structure, even if a single is being
# retrieved, by setting this to on.
#dirstruct = off

# You can turn on recursive retrieving by default (don't do this if
# you are not sure you know what it means) by setting this to on.
#recursive = off

# To always back up file X as X.orig before converting its links (due
# to -k / --convert-links / convert_links = on having been specified),
# set this variable to on:
#backup_converted = off

# To have Wget follow FTP links from HTML files by default, set this
# to on:
#follow_ftp = off


[ << ] [ >> ]           [表紙] [目次] [索引] [検索] [上端 / 下端] [?]